不妊治療の保険がついに解禁されました!保険に入る前と後でどう変わるかをまとめましたので不妊治療の保険について知りたい方は一度ご覧ください!

不妊治療の保険がついに解禁!!今までとどう変わるか詳細をまとめました!

【妊活】お参りして子供を授かる!子宝ご利益神社・寺院まとめ【関東 茨城・栃木・群馬編】

2016年06月05日 11時45分

各地には子宝に関連した神社も多く、実は普段知っている神社が子宝ご利益の神社だったと
知らない方も多いでしょう。

パートナーの方とのお散歩やドライブで、気に入ったところにお参りすることで
ちょっとした気分転換にもなりますよ。

子宝ご利益の神社・寺院まとめ

【茨城県】
月水石神社 茨城県つくば市
月水石神社は、名前の由来の通り月に一度赤い水を流すといわれる巨岩が御神体であり、いざなぎ、いざなみのみことの第四子いわながひめを祀っています。
月に一度赤い水を流すとの言い伝えは女性の生理と結びつき、婦人病にご利益があると篤く信仰されています。不妊に悩む女性も多く参拝しています。

月読神社 茨城県つくば市樋ノ沢208番地
祭られている二十三夜様は、月読神社で今も続く月待ちの講です。
二十三夜様は子どもの神様で、子どもの出来ない人が信心すれば子宝に恵まれると伝えられています。

筑波山神社 茨城県つくば市筑波1番地
筑波山は二峰相並ぶ姿であることから、男女二柱の祖神(おやがみ)が祀られています。
その祖神は、日本神話に登場する「いざなぎの神、いざなみの神」です。
二神が結婚して神々を産み国産みをされたことにより、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授け、子育て等の神徳があるとされています。

泉子育観音 慶龍寺 茨城県つくば市泉2348
徳川家康が深くこの本尊を信仰して天下を取ったことから、「子育出世観世音」と崇められています。
虫封じ祈願、資子(とりこ)祈願の観音様として信仰を集めていますが、
子授け・安産のご利益も有名です。

子授け地蔵 茨城県つくば市 表筑波スカイライン沿い 子授地蔵展望台
悲しい伝説がある地でもありますが、ご利益があるとされており、小さな赤い鳥居が建っています。
子宝に恵まれない夫婦が、この石地蔵を抱いて祈ると必ず子どもを授かると言われています。
また病弱な子は、祈願すれば丈夫に育つと信仰されています。

雨引観音 茨城県桜川市本木
安産、子育ての霊場として有名ですが、子授けのご利益もある事でも知られています。
子授けのお守りもあり、ホームページの問い合わせフォームから連絡すれば送っていただくことも出来ます。
子授けお守りは、ピンクの可愛らしいお守りですよ。

常陸国出雲大社  茨城県笠間市福原2001
縁結びの神様として有名ですが、子授けのご利益もあり、子宝のお札もあります。
こちらはオンラインショップでも販売を行っています。
御祭神である大国主大神は「だいこくさま」と古くから親しまれ、妊活中の方は赤ちゃんとの縁を望んで参拝されています。
 
水戸八幡宮 茨城県水戸市八幡町8-54
この八幡様は、子宝・厄除け・無病息災・延命長寿などたくさんの御利益があります。
境内には多数の実を結ぶことから安産・子授けにご利益があると言われている樹齢700年の銀杏の木があります。

鹿島神宮 茨城県鹿島市大字宮中2306-1
千葉県の香取神宮、茨城県の息栖神社とともに東国三社に数えられる神社です。
「要石」という伝説の石や御手洗池があります。
子授け祈祷については、各回の開始の10分前であれば、予約無しでも受けることができます。

一言主神社 茨城県常総市大塚戸町875
おみくじがかなりの確率で当たるといわれており、おみくじの中にある金色のお財布の中に入れるのが良いとされています。
また、子宝に恵まれますようと祈願していただいた赤と白のペアの子授け守りがあります。

高道祖神社(たかさいじんじゃ) 茨城県下妻市高道祖4546
旧暦の1月14日には「高道祖・道祖神祭り」があり、このお祭りでは子授け祈願の神事と厄払い・承服の追い追儺の豆まきが行われます。
男性器・女性器の形の「寒り棒(さやりぼう)」と呼ばれれる紅白の陰陽餅が売られます。
このお餅を食べると子宝に恵まれると云われているそうです。
道祖神祭の子授けの祈祷には、県内を中心に東京などからも多くの参拝者が訪れるほど有名です。

子安神社 茨城県かすみがうら市東野寺字宮久保252
安産・子宝を神徳とする木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)をご祭神として祀っています。
子授け・子育てにご利益があり、ご祈祷は予約が必要になりますのでご注意ください。
ご祈祷は要予約でお札とお守り、お神酒が頂けるようです。

胎安神社 茨城県かすみがうら市西野寺434
子安神社と関連があり、こちらも安産・子宝を神徳とする木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)をご祭神として祀っています。
本殿東側にある、子持ち杉はその霊験から「月々に子持ちの松をいだきなば、子なき婦人も子持つとしれ」という歌も伝えられています。
今から百数十年前(明治時代)に、惜しくも枯れてしまいましたが(当時樹齢500年)。「石(子)を抱いた珍しい松」ですが、その後も、ご利益(りやく)に、あやかるために、お参りに来られる方が続いています。

【栃木県】
二荒山神社別宮滝尾神社 栃木県日光市山内2307
子授け・安産の神様として知られる二荒山神社の別宮です。
「子種石」という霊石があり、子供がいない方は「子供が授かるように」、妊娠中の方は「安産でありますように」と願うと叶うと云われています。
またこの聖地の石が入った「安産子種石守」があり、男性は青、女性は赤のお守りを常に持つのが良いとされています。
戌の日には安産特別機等が行われています。

出流観音 満願寺 栃木県栃木市出流町288
下野の国司(今の県知事)が子宝に恵まれず、この「観音の霊窟」で子宝を得ることができるということを聞いて21日間「観音の霊窟」に籠り、翌天平七年に男の子を授かったと伝えられています。
以来、当山の奥之院にお祀りされている鍾乳洞で自然にできた「十一面観音菩薩」は子授け、安産、子育てのご利益があると信仰されています。

御前岩 栃木県那須郡馬頭町大山田下郷国道461号線
子宝・安産・婦人病・五穀豊穣・商売繁盛・健康長寿の御利益があると伝えられている岩で、岩の上にある小さな祠があり、そこには木や石で作った男根が奉納されています。
祈願すると子宝・安産・婦人病・五穀豊穣・商売繁盛・健康長寿に大変御利益があると言われています。
近くにかかる赤い橋を使って対岸に渡ると、細い参道が御前岩の上に続いており、祠を見ることができます。

岩崎観音 栃木県日光市岩崎1024
毎年3月最終日曜日は観世音大祭が実施されています。別名「鶴の子観音」と呼ばれ、子宝・安産にご利益があるとされています。
子授け・子育ての神様である鶴の子観音が奉られています。
このお祭りでは、子宝に恵まれたい夫婦に卵を一つずつ授け、願いが叶って子供が生まれたら、お礼に今度は卵を二つ持って参拝する習わしがあります。
長い間子供に恵まれずあきらめていたところ、ここで卵をもらって双子を授かった方もいるそうです。
卵は参拝すれば無料でいただけるそうなので、ぜひお祭りの日に訪れてみてくださいね。

【群馬県】
赤城神社 群馬県勢多郡富士見村赤城山小鳥ヶ島
古代の信仰では、山に女神さまが住み、たくさんの神様を産み共に暮らし、人々を守ってくれていると信じられていました。
古来、人々は山に行き、子授けや安産を願っていたと云われています。
女性の願掛け神社としても、古くから信仰されてきた赤城神社では、「姫守」という女性らしいデザインのお守りがあります。

少林山達磨寺 群馬県高崎市鼻高町296
福だるま発祥の寺と云われており、福だるまに子宝祈願をしてみてはいかがでしょうか。
例年1月6日・7日には七草大祭りだるま市が開催され、数十万人の参拝者で賑わうそうです。

前橋東照宮 群馬県前橋市大手町3-13-19
主祭神である徳川家康公のほか、安産や縁結びで有名な木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)や長壁様(おさかべさま)も祀っています。
安産・縁結びも神徳としてありますが、徳川家康公の神徳もありますので、家内安全・開運厄除・交通安全・社業繁栄​と様々なご利益もあるそうです。

冠稲荷神社 群馬県太田市細谷町1番地
昔、子供のいない女性が子宝祈願の為、日参していたところ、ある朝老修験者が現れ、木瓜の実をきざみ煎じて飲むよう言いました。
早速その教えを実行したところ、たちまち子宝に恵まれたという子宝伝説があります。
お参りの方法は、絵馬に願い事を書き、その祈願を伝えてくれるお狐様のお社へ掛けて奉納します。
お狐様は「子宝狐」「安産狐」「子育て狐」の3匹おり、妊活中の方はぜひ子宝狐様のお社へ掛けてくださいね。
また木瓜の期の前のご神水を専用容器に汲み、お狐様の朱塗りの大是へ奉納もぜひ行ってください。

水澤寺 群馬県渋川市伊香保町水沢214
六角堂(地蔵堂)は内部に開店する六地蔵尊があり、左に3回廻してお願いすると、開運へと導かれるそうです。
また子授け祈祷も受け付けています。

伊香保神社 群馬県渋川市伊香保町伊香保1
365段の長い石段を登り切ると、自然に囲まれた伊香保神社があります。
「子宝祈願の絵馬」「安産祈願の絵馬」「服を招く絵馬」の三種類の絵馬があります。
帰りに子宝温泉・子宝の湯に入るのも良い気分転換になるのではないでしょうか。

大光院 群馬県太田市金山町37-8
徳川家康が先祖とする新田義重を祀るために、呑龍という層を招いて建てられました。
呑龍は当時、多くの子どもが間引かれて殺されていたことを悲しみ、これらの子どもを弟子として引き取って育てたため、後世の人々から子育て呑龍(こそだてどんりゅう)と慕われました。
御祭神は、「上州太田七福神」の弁財天で、安産・子育て祈願・財宝福徳・学業増進などとなっています。

石打こぶ観音 明言寺 群馬県邑楽郡邑楽町石打237-1
①「子生(こぶ)」子宝、安産、子育て
②「瘤(こぶ」不要なものを瘤として取り除く
という二つの意味を持ったこぶ観音があります。

子持神社 群馬県渋川市吹屋384
旧郷社で、古くから子授け・安産の守護神として近在の信仰を集めています。
主催審は安産や縁結びで有名な木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)です。
子持山の山頂にある神社で、子授けのご利益があります。
風水パワーも強く、ぜひお参りしたいポイントです。

山名八幡宮 群馬県高崎市山名町1580
鎮座840年という長い歴史を持つ八幡様です。
安産・子育の神社として古くから信仰を集めています。
春季、秋季の例祭(4/15、10/15)には、商売繁昌・養蚕・安産・子育ての神として、しし頭・虫切り鎌、などを求める人々で賑わうそうです。
境内にある御神木は、子授けのパワースポットとして密かに人気を集めています。


祈祷の内容や時間等が変わっている場合もありますので、事前に調べてからの参拝をお勧めします。